ネットバンクの口座開設Navi 【金利や振込手数料で比較】

ネットバンクと電子マネーカード

これから銀行の口座を開設しようと考えている方は何を重視されるでしょうか。自宅の近くに支店があるかどうかや、引き出し・振込み時の手数料なども重要なポイントですが、普通の銀行でも電子マネーカード機能をカードにつけるところが増えています。ネットバンクでもカードに電子マネーカード機能をつけるところが多く、EdyやVISAデビットカードが主流となっています。

ネットバンクではEdy機能が主流となっていますが、VISAデビットカード機能がついているネットバンクも少なからずあります。Edyというのは、ご存知の方も多いかと思いますがコンビニなどで使える電子マネー機能で、小銭入れの代わりとして使える手軽な電子マネーです。携帯電話にもEdyの機能がついていることが多く、コンビニで実際に使っている人も珍しくなくなりつつあります。

これに対しVISAデビットカードはクレジットカードのVISAが手がける電子マネーカードで、特徴としてはVISAの通常のクレジットカードが使えるお店で、VISAデビットカードを決済に使えるという点にあります。このため食事やお買い物など大きい金額のお買い物で使いやすいという利点があります。さらにクレジットカード決済ができる通信販売でもVISAデビットカードを使うことができますので、ネット通販などを頻繁に利用している方には向いているといえるでしょう。

Edyはコンビニなどでチャージすることができ、近所でのお買い物などを少しだけ楽にしてくれます。VISAデビットカードではチャージの必要がなく、口座からお買い物分の金額が直接引き落とされるため、やや大きい金額のお買い物が楽になります。どのネットバンクで口座を開設するかを考えるときには、こうした付加価値の部分も考慮してみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ