ネットバンクの口座開設Navi 【金利や振込手数料で比較】

マージンコールについて

「高レバレッジでいっきに稼ぐぜーーーっ!!」

自分の友人にもいました。200倍もの高レバレッジを
かけて、一瞬で資金を失ったオトコが(苦笑)

あ、レバレッジのことを知らない方のためにカンタンに
説明しておくと、自分の預け入れている証拠金を
担保として、何倍〜何百倍もの資金を動かすことが
できる仕組みのことです。

たとえば一万円でレバレッジを10倍にすると、
10万円が動かせるということですね。

稼ぎも10倍になるのですが、失うのも10倍になる
諸刃の剣とも呼ばれています。

レバジッレについてはOKですか?
では、話に戻りますが・・・

「資金失った?破産したりしたの?大丈夫?」

これは大丈夫です。FXではどこの業者でもマージンコールと
ロスカットというモノが用意されています。
今回はその「マージンコール」について説明を
していきますね。

レバレッジを使う投資家を守るためのシステムとして、
設置されている対策のひとつがマージンコールです。
これは株式投資での信用取引で使われている追証(おいしょう)と
同じだと考えてもらっていいです。

自分が預けていた保証金に一定の損失が出た場合に、
取引会社が伝えてくれるものがマージンコールです。

保証金維持率が何%になったらマージンコールが発生するのかは、
各FX会社ごとに違います。
50%を切った時点で来る会社もあれば、
自分で30%と設定できる会社もあります。

でも業者によっては、このマージンコールのシステムが
無いところもありますので、注意が必要です。
元本をいくらかでも守るシステムなので、
有効に使いたいシステムです。

いますぐ30万円以上のお金を借りたい

ページ上部へ